本文へスキップ

ケミカル機器株式会社はpH電極・pHメーターを通じ医療の安全と質の向上・医療と産業のに貢献いたします。

pH解析プログラム(W-ICPI Ver.2.3)pH analisys program

HOME > 製品情報 > pH解析プログラム(W-ICPI Ver.2.3)

  -内視鏡直視下pHモニター
pH電極)
    -キャピラリー型(フロースルー型)pH複合電極
pH解析プログラム

商品概要

・pHモニタリング機器には構成品としてインストール用CD-ROMが添付されています
・OSはWindows XP/Vista/7に対応
・pHメーター単品ご購入の場合は、別途ご購入が必要となります

特長

@最大24データまでの処理が一度にできる
A測定対象の年齢・性別・氏名・疾患等のコメント登録・変更が可能
B任意時間拡大表示で各項目が処理できる
C欠測時間が発生しても除外して各項目の処理ができる
Dデータインストール後、マーク・コメントが入力できる
FレポートがPDF出力出来、電子カルテデータとして使用できる。また保険適用提出書類としても使用できます。

プログラム内容詳細

@”pH値のトレンド”のコマンド説明です

一般的な折れ線グラフでの表示を行います。
pH測定に要した時間内ならばどのような時間間隔でも表示できます。
<例1>
2つのデータを別々に表示しています。
(画面をクリックして拡大できます)
●上段赤線グラフが胃の24時間測定結果
●下段青線グラフが食道の24時間測定結果
<例2>
2つのデータを重ねて表示も可能です。<例1>の測定結果を重ねて表示しています。
コントロール時と薬効判定時のpH変化を視覚的に比較することができます。
(画面をクリックして拡大できます)

A”平均値のトレンド”のコマンド説明です

重ね書きをして最大24データまでの平均トレンドグラフを表示し、保存します
(画面をクリックして拡大できます)
●上段は2データ分の重ね表示
●下段が2データ分の平均値のグラフ

B”pHの平均値”のコマンドに対する説明です

指定された時刻・時間内のpHの平均値を表示できます。全体時間・昼間・夜間の表示がされます。
コントロール時と薬効時のpHの平均を算出することで比較可能となり総合的な判断が可能になります。
(画面をクリックして拡大できます)

C”pHの検討値”の各コマンドに対する説明です


1)”pHの検討値‐1”:%値変化の比較
指定された時刻・時間内のpH変化で、上下に分けて時間・%を表示できます。コントロール時と薬効時の%値変化が容易に判断できるためよく使われる項目で薬効判定の基準とすることができます
(画面をクリックして拡大できます)

2)”pHの検討値-2”:酸逆流
主に逆流性食道炎の判定・医療行為の判断に使用されています。pH4未満の逆流回数・時間等を表示します。本コマンドは指定された時刻・時間内でpH4を基準にpH値を上下に分けて時間・%を表示します。全体時間・昼間・夜間の3項目で表示します。
●上段が胃の”pHの検討値-2”
●下段が食道の”pHの検討値-2”
(画面をクリックして拡大できます)

3)”pHの検討値-3”累積%
1.0pH区切りで累積のpHの%を表示します(左図では”pH0”と”pH1”はpH1以上のためは100%)。pH0~pH9の間を示します。
右図の例ではコントロール時と薬効時のpH値変化を重ねて表示すると一目瞭然で判定が可能です。

4)”pHの検討値-4”:アルカリ逆流
pH8を基準として、逆流合計時間・逆流時間比率・逆流面積を指定された時刻・時間内で算出します。全体時間・昼間・夜間の3項目で表示されます。
●上段が胃の”pHの検討値-4”
●下段が食道の”pHの検討値-4”。アルカリ逆流はpH8.0以上としているため右図サンプルでは表示は”0”です。
(画面をクリックして拡大できます)

5)”pHの検討値-5”
指定された時刻・時間内のpH変化をpH1.0~pH6.0までを上下に分けて棒グラフで時間・%を表示します。
●上段が胃の”pHの検討値-5”
●下段が食道の”pHの検討値-5”
(画面をクリックして拡大できます)

D”pH中央値”のコマンドの説明です

1,2,4,8,12,24時間ごとの中央値を表示します。
●上段が胃の”pH中央値”
●下段が食道の”pH中央値”
(画面をクリックして拡大できます)

Eレポート出力

PDFファイルとして右図の様なレポートが出力できます。
胃のサンプルレポート[PDF 64KB]胃の24時間pHモニタリングのサンプルレポート
食道のサンプルレポート[PDF 66KB]食道の24時間pHモニタリングのサンプルレポート

内容は下記が表示されます。
1) pHのトレンドグラフ
2) pH平均値
3) pH検討値-1
4) pH検討値-2
5) pH検討値-3
6) pH検討値-4
電子カルテのデータとして使用可能です。
また本ファイルは保険適用提出書類としても使用可能です。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無料)が必要です。アイコンをクリックしてダウンロードしてください。