本文へスキップ

ケミカル機器株式会社はpH電極・pHメーターを通じ医療の安全と質の向上・医療と産業のに貢献いたします。

食道pHモニター24-Hour pH monitor

HOME > pHモニタリング機器 > 食道pHモニター


特長

特長@豊富な実績と信頼のpH電極
特長A豊富な電極種類
特長B計測時のデータが瞬時に確認可能
特長B逆流パターンの解析も可能
特長C保険請求ができ(保険点数:1,000点)、pH解析プログラムで出力されるレポートがそのまま使える。

特長@ 豊富な実績と信頼のpH電極

国内初の24時間pHモニターを開発して以来、大学医学部・大学附属病院・総合病院での胃食道24時間pHモニターで多数のご採用をいただいています。また製薬会社のPPI(プロトンポンプ阻害薬)・H2ブロッカー(ヒスタミンH2受容体拮抗薬)の治験で弊社システムを多数ご採用をいただいております。
24時間pHモニターでは高い精度が要求されますが、長時間でも感度が落ちない微小pHガラス電極の高い信頼性と豊富な実績に裏打ちされたノウハウで高い評価をいただいております。

特長A 豊富な電極種類

一般的に食道内pHモニタリング時はLES(食道下部括約筋)から口側に5cmの位置にセンサーを留置させます。
弊社では自社でpH電極を製作しているため乳幼児用の1.0mmから2チャンネルpHセンサー等豊富なラインナップに加え、特注での製作も可能です。

特長B 計測時のデータが瞬時に確認可能

計測中にボタン一つで現在のpH値、過去2時間までのトレンドが確認可能です。

特長C 逆流パターンの解析ができる

食道内pHモニタリングであれば、逆流パターンの解析が専用アプリケーションで可能です。
またpH電極を2チャンネル式に変えるだけで胃食道逆流症(GERD)の一つである非びらん性胃食道逆流症(NERD)や逆流性食道炎(RE)の兆候・傾向が検査・評価可能です。2チャンネル間の距離を変えることで誤嚥性肺炎の一つであるメンデルソン症候群(逆流性肺炎)の兆候・傾向が検査・評価可能です。
>>pH解析プログラムの詳細はこちら

特長D 保険請求ができる 

24時間pHモニタリングのため保険請求ができます(保険点数:1,000点)。
保険適用提出書類としてpH解析プログラムで出力されるレポートがそのままお使いできます。
>>24時間pHモニタリングレポートのサンプルはこちら